ネイルした指先はテンションがあがる!

ネイルサロンでネイルを新しく変えてもらった時はいつまでも見ていたいくらい気持ちが上がりますよね。ですが、ネイルサロンまで行くための手間や毎回のネイル代を考えるとネイルサロンに通い続けることはなかなか難しいことです。最近はネイルショップや通販サイトでたくさんのネイルグッズが販売されています。また、ジェルネイルは自分でも簡単に出来るので手間なくお得にジェルネイルを楽しんでみませんか?

ジュルネイルをやってみよう

ネイルチップ

前処理

まずは自爪の整えましょう。甘皮や自爪に付いたホコリや油分は色ムラになりやすく失敗する原因になります。面倒くさがらずに汚れは落としておきましょう。また、ジェルは爪がでこぼこしていると密着しやすいので、必ず爪の表面をヤスリを使ってサンディング(削ること)しておきましょう。サンディングをすることでジェルの持ちが良くなります。

ベースジェル

透明なベースジェルとベースジェル用の筆を用意してください。ベースジェルはジェルの持ちを良くする効果があります。ですので、塗りムラの無いように均一に爪に乗せていきましょう。また、ネイルの持ちを良くしたいからと厚く乗せても逆効果です。適量を守って塗りましょう。全体にベースジェルを塗ったらLEDライトを使って硬化していきます。硬化時間は必ず守ってください。

カラージェル

ベースジェルの次はカラージェルを塗りましょう。お好きなカラーを塗って下さい。塗り方のコツはムラにならないように常に同じ筆圧で筆を寝かせて塗ることです。塗り終わったらベースジェルと同じく、トップジェルを決められた時間の間は硬化をしましょう。ストーンやアートをした場合は繰り返しトップジェルを塗ってアートが取れないように硬化をして強度を強くしましょう。

未硬化ジェル

最後の処理になります。アートが完成して硬化をしたネイルにはまだ完全に硬化しきれていない未硬化ジェルがあります。ジェルクリーナーやクレンザーを染み込ませたコットンを用意します。そのコットンを使って爪をの細部まで綺麗に拭き取りましょう。この作業で完成したジェルネイルが曇ってしまうことがあります。ですので、ネイル1本を変えたらコットンをその都度新しい物を使うようにしましょう。

未硬化ジェルから完成!

ジェルネイルは乾燥や水に弱いです。ですので、料理やスポーツで水に濡れたときにはこまめに拭き取りましょう。また、キューティクルオイルを塗ることでネイルや爪の周りの皮膚の乾燥を防ぐことが出来ます。ネイルの持ちを良くするためにも日々のケアを欠かさずに行ないましょう。

アートをしたネイルはもっと可愛い

最近は通販サイトやネイルショップでセルフジェルネイルキットが販売されていてネイルサロンではなくてセルフネイルを楽しむ人が多くなっています。単色でもネイルは充分可愛いですが、アートが施されたネイルはもっと可愛いですよね。次はセルフネイル初心者でも簡単に出来るデザインのランキングをご紹介します。

初心者でも簡単!セルフジェルネイルのデザインランキング

ネイル
no.1

フレンチネイル

フレンチネイルは清潔感があってオフィスでも印象が良い人気のデザインです。また、ベースで使う色は肌なじみの良いヌーディーカラーを使うので指先が長く見える効果があります。基本的なフレンチネイルは女性らしいデザインですがアレンジや応用によって可愛い印象や個性的な印象に出来る万能なデザインです。

no.2

グラデーションネイル

薄い水色、水色、青といった同じような色相のカラーの濃淡を順々に出していく方法でグラデーションネイルは出来ます。カラージェルを何種類か用意してもいいですが1種類でも綺麗なグラデーションを出すことは出来ます。グラデーションだけでも充分可愛いデザインです。また、濃い青のグラデーションネイルの上にラメや星型のパーツを乗せるだけでより、クオリティの高い夜空ネイルを作ることが出来ます。グラデーションネイルはアレンジの幅が広く人気なデザインです。

no.3

ストーン・スタッズネイル

アクリルストーンやスタッズをアートしたデザインはキラキラ光って派手な印象になります。パーツの選び方や配置次第でかっこいい印象や綺麗な印象などさまざまに変わります。ジェルネイルはカラージェルを塗った後にトップジェルを塗る工程があります。トップジェルを硬化する前にピンセットなどで好きなように配置した後に固めましょう。硬化する前に固まってしまうことはないので急がずに何度でも配置を直すことが出来ます。

no.4

ネイルシール

カラージェルを塗ってシールを貼るだけで細かいアートをしたようなネイルデザインが楽しめます。シールの種類は実写シールや人気キャラなどたくさんあります。また、転写シートを使って自分の好きなデザインや写真をネイルシールにすることが出来ます。ベースとなるカラーはなるべくシールのデザインが映える色を選びましょう。トップジェルを塗って、硬化したあとにお好きなシールを貼りましょう。

no.5

マスキングテープネイル

マスキングテープを使ったネイルです。プロのネイリストでもまっすぐな線を小さな爪に描くのは集中をします。それを自分の爪にするのはとても難しいです。ですので、マスキングテープを好きなところに貼ってその上からジェルを塗りましょう。マスキングテープを剥がすと簡単にストライプやブロッキングのデザインが出来ます。簡単にアートができることから初心者や慣れている人にも幅広く人気を集めています。

ジェルネイルキットは専門のネイル通販で選ぼう

ネイル

ジェルネイルってそもそもなに?

ジェルネイルはマニキュアよりも持ちが良く、ツヤ感が綺麗な人気なネイルです。自爪よりも強度が増すので、深爪矯正でも使用されることもあります。ジェルネイルはカラージェルと言う色の付いたジェルを爪に塗って、LEDライトで固めることで完成します。完成したジェルネイルは色が剥げることはなくマニキュアよりも持ちが良いです。

手

ネイルサロンは手間やお金がかかる…

人の爪は1ヶ月で5ミリほど伸びてしまうので1ヶ月、早い人では2週間に一度ネイルサロン通わないといけません。その都度に行くのは手間がかかります。また、ネイルサロンでネイルを変えると一回につき、大体7000円~10000円ほどかかります。2週間や1ヶ月の1万円弱の出費は金銭面的にも苦しくなっていきます。

ネイル

セルフネイルキットですぐに出来る

ジェルネイルは自宅で簡単に行うことが出来ます。街のネイル用品店やネットの通販ショプなどにはLEDライトや筆ペン、カラージェルなどジェルネイルに必要な道具が全て揃ったジェルネイルセルフキットが販売されています。このセットがあれば他に用意するものもなく、いつでもどこでもセルフネイルを楽しむことが出来ます。

サロン

ネイル専門店は豊富なネイルグッズがあります

ネットショップにはネイル用品だけが揃っているネイル用品専門の通販サイトがあります。ネイル専門の通販サイトはアクリルストーンやネイルシールなどのネイルアートに欠かせないパーツが販売されています。また、カラージェルの種類もはっきりした鮮やかな色からお洒落で絶妙な色まで豊富に揃っています。またジェルのメーカーや種類によってはLEDライトで硬化をする必要がない塗るタイプのネイルジェルなどの商品があります。忙しくて時間がない方や不器用で不安な方にも気軽にセルフネイルが出来ることでしょう。

ネイルオフにもやり方があります。

ジェルネイルのオフの時もネイルサロンで施術をお願いすると除光液では落ちないため時間がとてもかかります。ネイルオフのためだけにネイルサロンに通うことになると時間もお金をかかります。ですので、ジュルネイルオフの方法も覚えておくようにしましょう。